2019年4月20日土曜日

α7RIII 試さないとわからない仕様について

スチルも動画も撮れる最近のカメラはカタログやメーカーwebサイトでは載っていない仕様がすごく多いです。

仕様なのかバグなのか判別できないのもあります。

過去にα6300でS-log2で撮影すると数フレームだけ色調の変化と露出が変化する事があるのを見つけました。

原因がわからなかったのでSONYに問い合わせるとISOオートだとこの症状が出るらしいです。

動画で夜間などの低照度だとシャッター速度は固定、F値はほとんど開放なのでISOで調整するしかありませんが、うっかりオートにしないように気をつけないといけません。

この問題は最低ISOが変化するガンマで発生し、ISOが100で記録できるガンマでは発生しません。

クロップの問題はもっと複雑というか完全な仕様になります。

ドットバイドット、ピクセルピニング、オーバーサンプリングなど解像度とフレームレートの組み合わせによってクロップされる事があります。

クロップ倍率を明記しているメーカーもありますが、SONYは表記がわかりにくく、オーバーサンプリングの倍率が2.4倍が1.8倍とか、非常にわかりにくいです。

広角レンズを最大画角で撮るにはよく調べないと後悔することにもなりかねません。

α6300の場合は4k24pで最大画角、30pだと1.2倍にクロップされます。

フルHDは最大画角で、120fpsは1.12倍にクロップされます。

オーバーサンプリングの画質は比べるとはっきり違いがわかりますが、比べなければわからないレベルです。

α6500も同じ仕様でα6400もセンサーからすると同じ仕様かもしれません。

α7RIIIは選択できる全ての解像度とフレームレートでクロップされません。

ただしフルフレームはピクセルピニングなのでα6300より解像感は落ちます。

オーバーサンプリングされるsuper35mmモードもフルフレームより解像感が高いです。

それにフルフレームはモアレが出やすいです。

ただ、レンズの収差や微妙なフォーカスの位置などAPS-Cでは1.5倍相当に拡大されている事になるので、フルフレームだと画質が悪いというほどのものではありません。

α7IIIも4k30pは1.2倍にクロップされます。

ただしAPS-Cの場合は30pでもクロップされません。 これは実機で確認しました。

SONYストアで質問したのですがショップの店員さんも把握できていませんでした。

でもα7IIIのAPS-Cで4kはかなり解像感が落ちるのでちょっと実用には厳しいかもしれません。

そして今回SONYに質問した内容が動画でPCリモートの時のHDMI出力についてです。

回答が思わせぶりな内容で明確な回答ではなかったので、現状を詳しく説明して再度回答をもらいました。

その内容はスチルの場合はPCリモートでもHDMI出力されるけど、動画の場合は出力されないとのことです。

これはそのような仕様というより、回答の内容からメーカーの方が実機で試した結果のようです。

結果的には仕様ということになります。

ソフトウェアで改善されるかどうか不明ですが、現時点で言えることはRONIN-Sのフォローフォーカスでは外部モニターが使えないということです。

やっぱりフォローフォーカスは外部モーターでRONIN-Sに依存しないタイプを使用しないと使いにくいと思います。

でもこの場合、エンドレスで回るバイワイヤのレンズは回転速度によってリングの位置が変化するのでやっぱり使えない事になりそうです。

MFのレンズでピントリングが1回転しないものということになります。

そういえばスライダーで有名なメーカーのフォーカスプリセットが使えるユニットもサムヤンのシネレンズが使われていました。

本気でフォーカスコントロールするならシネレンズってことでしょう。ギアも付いてるし。

しかしフォーカス用のモーターを付けるとレンズ交換はかなり面倒で、同形状に揃えられた高価なシネレンズ以外はとても面倒なことになります。

それに外部モニターが加わり、フル装備のRONIN-Sとなると数分で嫌になりそうです。

スライダーの場合は持たないし動作中は触れたくないのでフォローフォーカスがあると便利ですが・・・

仕様を完璧に把握するのは難しいですが、撮り方にも影響してくるので不明な点はメーカーに質問するのが一番確実で早いです。

今回も大きな改善はできませんでしたが、使えないことがわかっただけでもよしとしましょう。

2019年4月17日水曜日

アルカスイス互換プレートとストラップの決定打

タイトルだけで何の事なのか判るレベルです。

RONIN-Sをアルカ互換化しましたが、トップマウントブラケットが微妙に使いにくいのと、アルカ互換と言っても無理矢理感が出てスマートじゃありません。

雲台はアルカ互換クランプが使えているという程度です。

ストラップはPeakDesignでも決定的な不満はないけど、あのプラプラした紐が我慢できなくなってきました。 使っている人が多いしw

脱着がストラップホール側に寄せないといけないのでRONIN-S用には向いてません。

そこでマグプルのQDスリングです。

カメラ側にも対応させるために加工しましたが・・・スマートさとは無縁の外観です。

それらの問題を全て解決するには動画とスチルでカメラを分けるのが一番です。

ですがそうはいかないので、兼用できる最善の方法を考えた結果がRRSのL型プレートです。



RONIN-Sは2階建てになるけど、横方向に動かせるので100g程度の重さが違うレンズでもRONIN-Sのバランス出しは回避できます。

RRSと他メーカーの違いはこのバッテリー室の処理にあります。


ボディ形状に合わせるとバッテリーの蓋が開かなくなります。

これを回避するために蓋をプレート側に移植するという方法を取り入れてます。


他メーカーでも同様なのがあります。 しかも2,000円くらいで購入できるようです。

ただし精度はかなり違うようで、ボディは一応防滴に配慮した設計になっているので精度が悪いものはちょっと考えものです。 RRSでも過信はできませんが。

縦位置のプレートは切欠けがなくて剛性も高いです。


しかも寄せた時にボディに当たっていません。

スキマがあるとたわみのせいで当たるのでスキマ分の保護テープを貼っておいたほうがいいかもしれません。

そしてRRSを選んだ、というかこれしかなかったのがこのQDスリング対応ということです。


1本でも大丈夫だけどこのスタイルが安心できるし使いやすそうです。

ボールの受けはR加工されていてかなりコストが掛かっていると思います。

もちろん脱着も滑らかでマグプル本家と遜色ありません。

底面だけだったらPeakDesignのでも我慢できたかもしれませんが、横方向に付けられるので三脚に載せる時にストラップを外さなくていいのです。

三脚に載せる時は落下する危険が高いのでストラップを付けたまま載せて、確実に載せたらストラップを外すという事ができます。

持った感じはとてもよく、これは純正品として出すべきだと思いました。

小指はそれほど気にならなかったけど、手のひらに当たる角の位置が違うだけでこんなにも違うとは。

より軽く握れるので手ブレ効果も高いと思います。 何より持った時の気分がいいですw

中華製と比べるとかなり高価ですが、スペックだけでも同等品は存在しません。

それに持ちやすい。

検討している人は数千円で回り道するよりRRSを選んだ方が結果的に安くつくと思います。

とてもいい買い物をしたので最高の気分です。

2019年4月16日火曜日

フォローフォーカスよりも・・・RONIN-S

フォローフォーカスが出来るようになったわけですが、それに伴い不都合が出てきてます。

まずグリップ。

グリップを付けてもフォーカスコントローラーが使えるように計画していましたが、出てきたアイデアでは重くなりすぎるのと、それ以前にフォーカスコントロールをする必要があるのかということです。

グリップは長時間の撮影で絶大な効果があります。 これは使ってみないとわからないと思います。

ジョイスティックはほとんど使わないし、ロックモードに切り替えるボタンもセンタリングするだけしか使ってません。

グリップを捨ててまで使える機能かと言われれば「ノー」です。

次はPCリモートによるものです。

PCリモートはスマホの設定をOFFにしないといけません。 これは使う時に切り替えればいいです。

それより再生ができなくなります。

撮影直後にプレビューしようとすると設定から変更しないといけません。 これは使い物になりません。

スチルではプレビューしない設定にしていますが、これは見たい時にすぐ見られるから。

動画も同じで見たい時に設定をいちいち切り替えるなんてあり得ません。

それとまだ不明ですがたぶん外部モニターは使えません。

ピーキングを使っても小さなモニターだと凝視することになるので使いにくいです。

重くなるので使うかどうかは別にしても、使えないとなると話は別です。

ラグもあるし緩慢なので手で回す方がいいです。

結局少しだけ試して元に戻しました。 ケーブルはもちろんマルチの方です。

ボディ側の仕様が変わらない限りPCリモートは使いにくいままなので、やっぱり使えないフォローフォーカスになりそうです。

電動フォーローフォーカスはスライダー用にはすごく欲しいのですが・・・

とりあえずロックオンを活用した方がよい結果になると言えそうです。

RONIN-S SONYのボディでフォローフォーカスが可能に!

Firmwareのアップデートで対応になりました。

これでモーター駆動のレンズであればアフターパーツ無しでフォローフォーカスができるというわけです。

Firmwareをインストールして試してみました。

まずケーブルは最初に付属していたtype-Cを使います。

そしてボディのUSBをPCリモートに。

するとフォーカスコントローラーでフォーカスの調整ができます。

でもリニアという感触ではなく、かなり緩慢な動きです。

速度は3段階選べますがどれも使いにくいw

とりあえず合わせることはできますがピーキングなしでは使い物にならないレベルです。

そこで外部モニターを使います。

5インチでも外部モニターならいけるはず、でも出力されません・・・

あれ? 何だろと思ったらPCリモートだとHDMIに出力されないみたいです。

それとUSB給電をOFFにしても給電されてるっぽいし。

背面モニターでも合わせることはできますが、少なくともRONIN-Sを動かしながらフォーカスを調整するのは至難の業です。

まぁこれは多分そうだろうと思ってましたが。

フォーカスのプリセットが使えないとワンマンではかなり限定される用途になりそう。

歩留まりは悪くなるけど、RONIN−Sをどこかに置いてジョイスティックで操作しながらフォーカスをコントロールすればAFではできないような滑らかなトランジションとして使えるかもしれません。

とりあえず使えるようにフォーカスコントローラーを付けましたが、サブグリップが無いとすっげー軽いw いや、持ちにくいです。

ストラップは何とかなるけどグリップを諦めて使うほどのものでもないような・・・

しばらくテストしたらすぐに結果が出そう。

ちなみにMC-11経由でEFレンズでも動きました。

でもステップフォーカスのような動きで実用性はありません。

100mmマクロならRONIN-Sを三脚の代わりにして使えそうですが。

またFirmwareで改善されるかもしれませんが、とりあえず試す価値はありそうです。

2019年4月13日土曜日

動物瞳AF 再テスト

あまり動かないネコだと精度はバッチリでした。

A036で開放でしたが至近距離ではないので深度が深いです。

そこでEF100mmF2.8(USM)マクロ+MC-11で試してみました。

AF-Cでも使えるけどAFは速くはありません。

瞳認識はA036より少し遅く感じました。

静止状態で認識してしまえば精度は高かったです。


振り返るような姿勢ですが、認識していれば合焦率は高いレベルです。


横顔でもバッチリ。

もっと寄ってみると・・・


このくらいの距離でも瞳を捉えています。

しかし・・・


ここまで寄ると瞳AFの枠が一回り大きくなりました。

瞳は正確に捉えていましたが、ピントはまぶたに合っていて瞳はボケています。

瞳というか瞳孔か。

深度が浅いのでMFの方がよさそうです。それよりもっと絞った方がいいか。

フォーカス速度が遅めなレンズだし、一応AF-Cは未対応なので前後にゆっくり歩いてくるネコでも合焦率は低かったです。

失敗の半分は瞳AFの動作画面を撮ろうと外部モニターを接続し、それをα6300で撮りながらだったのでファインダーやモニターが使えず、100mmでノーファインダーだったのがいけなかったようです。

撮った動画を見ると認識してない状態で連射してましたw

猫カフェで撮ったときは鼻やヒゲに合ってしまっていましたが、あの程度なら合焦率は相当上がると思います。

2019年4月12日金曜日

動物瞳AFのテスト

年末から制作していたDVDの編集が終わってやっとまったりできます。

ガラス交換も済んでワゴンRともお別れです。 乗りにくかったですw

さて、動物瞳AFのテストです。

動物といえばネコ、猫といえば走井山公園です。

夕方でほんの10分位でしたが満足できる結果でした。


認識するまでは数秒かかる感じ。

認識さえしてしまえばほとんど外すことはなかったです。

A036でこの距離だとそこそこ深度があるので絶大な効果というわけではないです。


今回の場合は完全に横を向いても追従していました。

ただ、今日の猫は大人しいというか無愛想でほとんど
動きませんw


ピントはバッチリ。

今までだと鼻先に合ったりしていたのが瞳を捉えて離しません。

こちらに向かってくるようなテストできなかったけど、ピントを気にせず撮れるので歩留まりもよくて作画に集中できるようになると思います。

もっと世代が進んで鳥や昆虫の眼、魚とかヘルメットなど、選択肢が増えるようになるかもしれません。

昔はピント合わせも撮影者の技量のうちでしたが、ここまでくると誰が撮ってもピントが合うので写真のクオリティは上がるはずです。

数年後にはこちらへ向かってくるツバメの目にピントが合う写真が誰でも撮れるようになるのでしょうか?

ジンバルも進化して飛び回るツバメがフレームアウトしないような雲台として使える時代がくるかもしれません。

そうなると凄いけど違う意味でつまらないものになってしまいます。

それにしても動物瞳AFは凄いです。

もう少し長いレンズで試してみたいところです。

2019年4月11日木曜日

待望の動物瞳AF

ガラス交換で代車生活です。

その代車は新車のワゴンR、3月登録でまだ30kmしか走行してないという・・・新車の代車はイヤだなw

年度末の駆け込み登録だと思いますが、なーんにも付いてないワゴンR、全然走りません。

前にも同じく代車で新車のアルトを借りましたが、軽いだけあってすごくよく走ってました。

最近は軽四もすごく重くなってしまってターボなしはきついかもしれません。

それともスイスポの加速に慣れたからでしょうか。

さて、待ちに待ったα7RIIIの新Firmware、動物瞳AF対応版が公開されました。

まだインストールしてませんが、初期設定に戻るはずなので今夜じっくり試してみようと思います。

どの程度の精度なのかわかりませんが、よく鼻とかヒゲに合ってしまうので自分が前後に動くブラケティングで撮ったりしますが、これが一発で決まるようならとんでもない神アップデートになります。

鳥には非対応っぽいけど、これは次世代モデルか今後のFirmwareで対応してくると思います。

今は多くは望みません。

α7RIIやα7SIIも候補にしていましたがα7RIIIにしてよかったと思います。

週末は天気が怪しいけど近所の猫を追いかけ回そうと思います。

※ 追記

Firmwareを更新しました。

α9と違って設定のリセットはありませんでした。

PC画面に猫を表示させて試した限りでは「素晴らしい!」の一言。

鳥やゾウはダメでしたw でもフクロウはいけました。

インターバルはやっと本体のみで撮れるようになったわけですが、リモコンを持っているので今更という感じ。 RX100M3やα6300はアプリを買ったし。

でも余分なケーブルやバッテリーが不要になるのでよかったです。

それとなんとなくメニューのレスポンスが良くなった気がする。

機能はこれ以上何を望むのかというレベルだと思いますが、深度合成は欲しいかも。

購入して1年経ちましたがこのFirmwareでやっとRIIIであることの意味が出てきたような気がします。

SONYのことなので次世代機種からという可能性もありましたが、これでしばらく買い替えを考えなくて済みそうです。

明日にでも試し撮りしてこようと思います。