2017年9月22日金曜日

バス釣り ~7日目~ 琵琶湖へ行ったけどそれよりも

2週間前に琵琶湖へ行ってきました。 ブログは放置気味・・・

早朝から近めな彦根方面へ向かいました。

バス釣りの人はかなり多いです。

ポイントを移動しつつ狙いましたが広すぎてさっぱりw もちろん釣れませんでした。

周りで上げている人も見かけませんでした。

琵琶湖での外来種の扱いはYoutubeでも見かけますが、バスを駆逐したい滋賀県や滋賀県民(?)はバスと同時にバスアングラーも駆逐したいというように見えてきます。

バスが居なくなればバスアングラーは琵琶湖には来なくなるわけですから当然です。

いっその事琵琶湖で釣り禁止にいたらいいのに。

あるYoutuberでは滋賀県民と県外の方では感じ方が違うとかありましたが・・・1回だけでは何とも言えませんが釣りに来ていた車のナンバーは9割が滋賀ナンバーでした。

釣りをする人全てがバス釣りではありませんが、タックルや装備を見た感じではバス釣りがほとんどのようです。

近ければ趣味にしやすいので滋賀県民が多いのも当たり前です。

在来種が減った理由の一つにバスなどの外来種が原因になっているのは明白ですが、それが一番の理由ではないような気がします。

調査などの資料も少しだけ見てみましたが行政が発表する資料で、行政が携わった不利な問題は隠蔽されている可能性もあります。 つまりアテになりません。

生活排水による水質悪化と湖岸の整備、そしてバスやギルなどの違法な放流が重なった結果であって、外来種を駆逐できたとしても以前の環境は戻らないと断言します。

漁業をされている方は深刻な問題ですが、自然相手で毎年獲れるからずっと大丈夫というのも無理があります。

ガソリンスタンドが減ったのはプリウスのせいと言ってるのと同じです。

漁業券で有料化というのは広すぎて人件費の問題があるので難しいと思いますが、バス釣りを活かす方向もあるのではないかと思います。

現に貸しボートなども存在しているわけですから。

近くでは明治村の入鹿池もあります。 こちらはワカサギもバスも有名でボートでの釣りがメインです。

ワカサギが駆逐されるようなこともなくワカサギ釣りも盛んなようです。

でも琵琶湖はバスのせいで在来種が減っているということです。

調べてませんが生活用水として利用さているかどうかの違いでしょうか?

そうなるとバスが食い荒らすというより水質悪化などで水質に敏感な在来種が減って、水質悪化に強い外来種が生き残ってきたのでバス=悪者という認識になってきたように思います。

個人的には琵琶湖なんてどうでもよくて、滋賀県も撮影したくなるようなところも思い浮かばないし行こうとも思いません。

スイスポでのドライブで湖岸道路を走ったことがあるくらい。 目的は新名神の試走でしたが。

何だか滋賀県の思惑と現実がかけ離れているように感じました。

幼少教育で外来種を殺すように教えているという動画を見ました。

釣りはゲームでも食料確保でも狩りですから生物を傷つけていることは同じです。

ですが外来種だから駆逐のために殺すというのは人道的にどうだろうかと思います。

まるで今話題の北の国の教育に近いものを感じました。

見ていて非常に不快なものでした。

駆除自体は生活する上で必要不可欠なところもあるので、駆逐するのが悪いとは言い切れません。

水質悪化なら長生きするミドリガメを駆逐したほうがいいだろうし。

鹿や猪、ハチとかもそうです。


この問題を個人でどうのこうの言っても何も解決しませんが、琵琶湖のイメージは極端に悪くなりました。

こんな事を言うと反論もあると思うけど議論するつもりはありません。

また行くこともあるかもしれませんがリリ禁は守ります。 釣れたらだけどw

まぁ1回行っただけでもこのように考える人もいるということで。

2017年9月13日水曜日

iPhone X 発表

またこの時期がやってきました。

スペックはリークされてたそのもので驚くような内容ではありません。

目新しいのはワイヤレス充電や4k60pでしょうか。

8は7Sというレベルなので当然スルーです。

Xは画面が大きくなりサイズはPlusよりコンパクトですが重さはかなりあります。

正直今の7Plusで気に入らないのは大きさです。 それと使いにくい望遠レンズ。

今回望遠側にも光学手ブレ補正が付いたのでスチル用途では使えるようになったはず。

でも7Plusのように動画では電子式手ブレ補正だと思うので(まだ不明)せっかく4k60pで撮れるけどイマイチです。

それと4k60pは手持ちのカメラで撮れるものがないけど、さすがにオーバースペックのような気がします。

フルHDで十分。 実際にiPhoneで動画を撮る時はフルHDがほとんどです。

Plusじゃない8だと画面サイズが小さくなるのでナビ目的だと少し見にくいので、Xのような小さくて大画面は理想です。

ただやはり価格が高すぎます。

毎年更新しないと業績に大きく影響するからでしょうけど、できればXはそのままで8はXのデザインで廉価版としてPlusは廃止がよかったと思います。

というわけで今回はスルーして来年に変更しようと思います。

2017年9月4日月曜日

SONY RX0

SONYがまたまたおかしなモノを出してきました。

1インチセンサーのアクションカム(?)です。

RXの描画を維持しつつコンパクトで剛性が高そうな、過酷な使用を想定していると思われます。

ただスペックを見ても一般使用というよりTVとかPVのような業務での使用が主になりそうです。

本体価格もそれなりに高価で、ハウジングとかフォルターホルダーもかなり高いです。

本領発揮するにはマルチカムでこれも本体価格を考えると一般には敷居が高いです。

ジンバル用にはよさそうですが本体だけではフルHDまでです。

ジンバルの使用なら扱いやすいRX100Vを使ったほうがいいです。

一番不思議なのはレンズの焦点距離です。

24mmと記載されていますが、これはフルサイズ換算です。 分かりやすいと言えるけどセンサーサイズが違うカメラを複数使用していると混乱すると思います。

このクラスを使用する人ならセンサーサイズと焦点距離と画角の関係は熟知しているはず。

いっその事画角表示にした方がいいと思います。

まぁどっちにしろ買うことはないけど、モータースポーツなどでお金に余裕があってGoproでは満足できない人にはオススメ・・・できるかな? 業務以外で使う人はほとんどいないかも?

そろそろa7IIIとか新機種の発表がありそうです。

iPhoneも新型が控えているし、車もおもしろそうなのが出てきます。

カメラより車が先かなぁ。 出てから考えよ・・・

2017年9月3日日曜日

バス釣り 〜5日目、6日目〜

5日目は8月26日でまた日の出前の早朝から友人と出かけました。

夜明け前にすごく強い風が吹いていて、巨大な雨雲が頭上をかなりの速度で通過していきます。

それが過ぎると一気に明るくなっていきました。

場所は五三川で養老方面です。

大江川と並んで東海地区では有名な所、釣り人も多いです。

大江川もそうですがよく整備されているので、川というより釣り堀みたいです。 足場がいいです。

大江川は藻やゴミが多くて根掛かりしやすいのですが、五三川はほとんどありません。

でも釣れません。

かなり粘ってみたけどダメ。

周りでは40cmくらいをあげている人もいましたが・・・5日目は終了です。

さて6日目。 9月2日です。

今回も早朝からですが友人が仕事なので15時ころまで一人です。

場所は五三川、快晴ベタ凪で朝日でも暑く感じます。

人が意外と少なく、しかも今日は河原の草刈りがあるそうです。

全く当たりがないので8:00頃から大江川へ。

大江川も人が少ないなぁと思いつつ、風が出てきてきました。

藻に苦労しつつやっと当たりが!と思ったら根掛かりw

しかも大きな木のようでラインが切れません。

やっとのことで引き上げたらなんとルアーが釣れましたw

フックが無かったので廃棄されたものと思いましたが、聞いたところによるとフックが錆びて無くなったらしいです。



その後も当たりがなく日陰で涼みながら15時すぎまで待って友人と合流しました。

その後また五三川へ。

風がありましたが追い風だったのでルアーが飛びすぎますw

抵抗が大きめな軽めのリグが想像以上にぶっ飛んでいきます。 向かい風だとバックラッシュしまくりだったと思います。

すぐに日が落ち始め、その頃から人が増えてきました。

それでも当たりがなく日没になりました。

お隣の人が1匹釣って帰ったのでその場所でもう少し粘ることに。

月光が眩しいくらいでもうあと何投かしたら帰ろうという時にルアーを追いかける波が見えた気がしました。

友人に『次に釣れそうな気がする!』と言ったまさその時にガツンと当たりが。

また根掛かり・・・ではなく当たりだったので大きくフッキング!

意外とデカい。 しかも重いです。

『デカい、デカい』と大騒ぎw

バラさないよう急いで寄せてみると、何だかちょっと長いような? しかも白っぽい。

あ、ナマズだww

少し足場が高いところだったので友人に網ですくい上げてもらいました。

大きさは44cmでそこそこいいファイトでした。



ルアー釣りを再開して◯◯年ぶりのヒットはナマズで少し残念でしたが、ボウズで帰るのとは大違いです。

今度こそバスが釣れると信じつつ、また行こうと思います。

2017年8月22日火曜日

SONY E16mmF1.4の噂

SONYのレンズで16mmF1.4というのが噂になっています。

FEではなくAPS-C用なのである程度コンパクトになると思います。

APS-Cで16mmだと24mm相当なので一番使いやすいワイドレンズ、しかもF1.4なら夜間もバッチリです。

しかしFEレンズは元気だけどボディも含めてAPS-Cは元気がありません。

このままフルサイズメインになってしまえば中途半端なリソースを割かなくてよくなりそうですが。

でもそれならAマウントを切った方がいいような・・・

それより今後のフルサイズa7シリーズの動向でしょう。

super35mmで4kが撮れるa7Sの後継機種が出てくればこの16mmF1.4の存在価値が変わってきます。

現状ではAPS-Cレンズが生きるa7系ボディはa7R2のみで、むしろフルサイズとしては高感度域のノイズのせいでちょっと微妙です。

これがa7S系でノイズに有利だったらMovie用としては理想的なボディになります。

ジンバルでの撮影だとF値も重要ですが深度が浅すぎると使いにくいし、何よりフルサイズ用は重いです。

ボケを生かすフルサイズと軽量&深度が深いAPS-C、その両方で4kが撮れてノイズに強かったら・・・

ボディの動向によって大きく価値が変わってくる、ちょっと珍しいレンズになると思います。

OSSは無いとして銘柄にもよるけど出てきたら10万くらいはしそうな予感。

a7S3がどうなるか、何時出るのか、それだけが楽しみです。

2017年8月21日月曜日

バス釣り ~4日目~

3回挑戦してまだ釣れてません。

当たりらしきものはあったけどブルーギルかもしれない。

1回だけスピナーベイトを目前で追いかけるバスが居たのですがそれっきりです。

何が悪いのかはハッキリしてます。

習性を理解してない、つまり腕が悪いのです。

でも腕をカバーするのがタックル、つまり道具です。

そこで予備も欲しいし気持ちよく投げたいのでロッドとリールを買いましたw

1セットだけで済むわけではないけどこれで道具のせいにはできません。

購入したのはジリオンとエアエッジの旧モデルで合計37,000円くらいです。 サムヤン12mmF2.0を買うつもりだったのに・・・

さすがに高級品だけあってリールの滑らかさは最高です。

6g程度のワームでも飛距離は出ないけど普通にキャストできます。

バックラッシュもほとんどないし、してもラインが少し浮く程度ですごく安定しています。

ステルスと比べると4倍ほどの価格差ですが、安定していて飛距離も伸びるので扱いやすいです。

上手な人なら安価なリールでも使いこなせると思いますが下手な人ほどいいものを使ったほうがいいです。 これはカメラも同じです。

ロッドはワンピースだったので迷いましたが軽くて感度も全然違います。

さて、19日の土曜日に4回目のバス釣りに行きました。

最初はスピニングリールとネコリグで。

ネコリグは初めてでしたが根掛かりもなくシンカーを無くすこともなく、チューブを入れていたので千切れることもなかったです。

しばらくしてからジリオン+エアエッジに変更してスピナーベイトとか試してからネコリグで。

全く当たりがなく、場所移動しながら試してましたが結局釣れませんでした。

天気がよく頭にタオルを巻いてましたが思いっきり日焼けしました。

昼前から暗くなるまでキャスティングの練習してただけになりました・・・

今週末も行こうと思います。

大江川は人気スポットで難しいと言われてますが、初心者でも釣り上げることができるのでしょうか?

もう少し涼しくなれば・・・できれば今月中に釣ってみたいです。

それにしてもジンバルでの撮影より疲れが少ないのは歩く距離と道具の軽さのせいでしょうか?

撮影だと半日も撮影すればヘトヘトですが、釣りは疲れが少ないです。

これから涼しくなればもっと快適になるはずです。

釣れるともっと楽しいんだけど・・・

2017年8月18日金曜日

趣味というのは

突然釣りの話題になりましたが、過去にいろんな趣味を持ってました。

物心付いた時、最初はトミカのミニカーでした。

でもなかなか買ってもらえず、その後はお菓子の箱やダンボールでロボットや車を作ったりしてました。

この頃から自作というか作ることに喜びを感じていたのだと思いますw

でも接着はセロテープ。 セロテープの使用量が半端なくて親に怒られることも・・・

その後プラモデルへ。

小学生の高学年になって釣りを始めました。

池の鮒や鯉、当時はブルーギルが少なくて餌釣りでした。

中学生になってルアーや橋の上からハゼ釣りなどしてましたが、中学2年~3年になるとオーディオに興味が出てきました。

オーディオはミニコンポなんて買えなかったのでラジカセでエアチェックというものでした。

オーディオと並行してカメラに興味が出始め、そのまま社会人になってしばらくオーディオメイン、カメラはEOSが出始めた頃にデジカメも出てきたのでやめてしまいました。

CONTAXでコダクロームだったのでデジカメの将来を考えて一気に熱が冷めた感じです。

オーディオは当時、長岡鉄男の存在が大きくてVAにも興味が出て3管1レンズのプロジェクターも購入しました。

最終的にオーディオは部屋が全てという結論に達し、車で聴くことが増えてしまい趣味としては物足らないものになりました。

その後はプラモデルを再開したり、ビデオカメラを買ったり、ラジコンを始めたりしてました。

ラジコンは電動でしばらく遊んでから一時休止して1/10エンジンカーへ。

過去最高のコストがかかる非常に高い趣味でした。

さすがについていけなくなって終了です。

その後は熱帯魚も飼ってました。

ありがちなベタからカラシン、エンゼルフィッシュからディスカス、そして古代魚へ。

ガーの成長速度にビビりながら、シルバーアロワナが50cmくらいになってかわいそうになったので、近くの熱帯魚屋さんに引き取ってもらいました。

熱帯魚は阪神大震災で90cm水槽が大きく揺れたので、危ないと思ってシグリットだけにしました。

シグリットはブリチャージだけで繁殖して世代交代しつつ、しばらく飼ってました。

それも最後は友人に引き取ってもらって熱帯魚はやめることに。

最大の難関は水換えでも飼育でもなく電気代ですw

それから趣味といえるかどうかわかりませんがパソコンにハマりました。

DVのハンディカムをISAボードで取り込むなんてことをしてました。

他はゲームしたりとか。

そして趣味は繰り返します。

1/18のミニカー収集、HPを立ち上げて仲間とミニカー&実車談義。

写真を撮るためにデジカメを購入とか。

ミニカーはモデルケースがいっぱいになって増設しましたが部屋のキャパが限界でそれ以上増やせませんでした。

モデルケースは棺桶より大きな立派なもので今でも部屋にあります。

それからまた釣りを少し始めてました。 フライフィッシングです。

少しかじっただけでタックルは揃えましたが深み入ることはなかったです。

そして空撮の道へ。

空撮の前に小型のマルチコプターから始めてDJIのF450にGoproを載せ、ジンバルはサーボ式の自作でした。

墜落によりブラシレスジンバルへ。

フレームの剛性不足を改造しつつ、最終的にフレームも自作しました。

コントローラーもDJIからXaircraftへ。

自作オクトコプターの安定性は今でも一流だと思ってます。

でもRX100M3を載せる計画は中止になりました。

それと空撮そのものが単調というか撮りたいところで撮れなくなったのも大きいです。

超高高度からの空撮ではなく、クレーンやレールの代わりと考えて地上に足をつけることになりました。

それが今の手持ちジンバルによる撮影です。

そして突然釣りを再開することに。

カメラの更新を待つことにしたので、その間釣りでもいいなぁということです。

スポーツ系の趣味はありませんがトレッキングは好きです。 たまに散歩程度に行きます。

でも撮影主体となってしまって体力が持ちません。

釣りはそれほど体力は必要ありませんが、アウトドアの趣味としては悪くない選択だと思います。

でもどうせなら食べられる魚がいいなぁ。

でもそうなると食べるより飼ってしまいそう。

うなぎを釣って飼って育てて食べながら動画を撮れば今までの趣味の集大成になるかもしれないw

しかし趣味ってお金がかかりすぎるのしかやってない気がする。

どうせまた飽きると思うけど浅く長くできる趣味をしたいです。